レーザー脱毛は痛いって本当?どれぐらいの痛さか知りたい!

永久脱毛をしたいあなたへ

ムダ毛の処理を自分でしていると、また生えてくるので何度も繰り返しお手入れしなくてはいけないので大変です。どうにかしてこのムダ毛をなくしてしまいたいと思っているのであれば、クリニックでレーザー脱毛をしてもらうことで段々と生えないような状態にしていくことができます。毛を抜くのではなく毛根にダメージを与えて破壊するので、通い続けていけば気になる部位をすっきりとしたつるつるの状態を目指せるのです。

レーザー脱毛の痛みはどれぐらい?

レーザー脱毛にチャレンジしようと思っている方が気になる事の一つに、施術をするときの痛みというのも良く挙げられます。エステサロンでの機器よりも痛いと聞かされて緊張すると思いますが、感じ方には個人差があります。表現としては「輪ゴムで弾いたような痛さ」と言われますから、手足などの部分で試してみると痛みの大まかな目安になります。レーザーの光は黒い毛に反応していますので、脇やデリケートゾーンなどは特に痛みを感じやすい部分ですが、回数を重ねると毛量も減りますし、痛さにもある程度は慣れてきます。

それでも痛いときにはどうするの?

クリニックによって対応は異なりますが、レーザー光の出力を下げたり、麻酔を使ったりというような対応をしてくれます。ただし出力を弱めるとその分だけ毛根へ与えるダメージも少なくなりますので、通う回数が増える可能性があることは覚えておくと良いでしょう。麻酔は別途料金がかかることもあるので、相談してみましょう。痛み止めの処方をしてくれたりすることもあるので、カウンセリングのときに予め話をしておくのもおすすめです。

医療レーザー脱毛とは、皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素にレーザー照射をして、毛髪再生の組織を破壊することをいいます。またレーザーの出力が高いのが特徴です。