ムダ毛の処理方法はどうする?肌に優しい方法はある?

ムダ毛の自己処理は肌に負担をかけないように!

素肌を晒す季節になると気持ちも明るくなりますが、その一方でムダ毛の処理に悩まされる方も少なくありません。誰もが一度はかみそりを使って剃った経験があると思いますが、肌に刃が当たると目には見えていなくても皮膚に傷がついてしまいます。肌の弱い方だと赤くなったり血が出たりすることもあるので、少しでも負担をかけないような方法を取るようにしましょう。

剃る時に注意したいこと

負担をかけないように剃ろうと思って、石鹸やボディーソープを泡立ててから作業をする方も多いですが、実はやってはいけないNG行為です。できればシェービング剤を用意して、剃る前に塗布しておきましょう。もしもないようであれば、保湿剤としても知られているワセリンを塗っておくのもおすすめです。水やぬるま湯で肌を濡らしてから行う方法も肌の角質を落として傷める原因となりますので、保湿剤などがない時には乾燥した状態で始めるようにして下さい。上手く剃れないと、何度も同じ場所を擦るようにしてしまいがちですが、それもやめましょう。なるべく優しくゆっくりと、毛の流れに沿って剃るようにする事で肌へのダメージを軽減する事が出来ます。

時間がなくて慌ててやろうとすると余計に失敗しやすいですから、自己処理をする時にはなるべく時間に余裕を持って行いましょう。作業後には保湿しておくと乾燥からも肌を守ってくれるので、剃りっぱなしでそのままにしておくことがないように心がけてください。ちょっとしたことでも気をつけておくことで、処理後の肌の状態も随分変わってきます。

大阪は西日本最大の都市です。そんな大都市の大阪の脱毛サロンに行ってムダ毛を処理してもらうとツルツルお肌になります。