美容医療でも人気!ヒアルロン酸の特徴と効果を知る

体の様々な部分に存在するもの

美容成分にも色々な種類がありますが、特にヒアルロン酸は有名な存在で、化粧品やサプリメントにも活用されています。
ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分で、みずみずしいみずみずしい肌を保つ、眼球を丸く保つ、関節をスムーズに動かすなど様々な役割を果たしています。
若い頃は体内にたっぷりと存在するヒアルロン酸も加齢の影響で少しずつ減少していきます。不足してくると肌が乾燥し、シワやたるみなどの老化が進みやすくなり、関節痛などの症状も出やすくなります。
そこで、不足しているヒアルロン酸は補う必要がありますが、食事だけでは十分に摂取するのは難しい成分です。それゆえ、化粧品で体の外から、サプリメントやドリンクで内側から補うケアも行われています。

美容医療でも人気のヒアルロン酸

ヒアルロン酸は美容医療でも活用されています。活用方法としては、顔に注入することでシワやたるみを目立たなくすることがあげられます。
この他にも顎を前に出す、鼻を高くする、涙袋を作るなどの治療にも活用されています。
さらに、体ではバストアップや関節の動きをスムーズにする治療にも取り入れられています。ヒアルロン酸注入のメリットは注射だけで良いので体への負担が少なく、それでいて高い効果が得られることがあげられます。
さらに、もともとは体内にある成分なのでアレルギーの心配もほとんどありません。美容医療の中でも特に人気が高く気軽に取り入れられる方法ですが、永久的な効果ではなく、注入されたヒアルロン酸は少しずつ吸収されていきます。注入するヒアルロン酸の種類や注入量によっても効果の自持続期間は変わってきますが、数か月程度の効果と考えておきましょう。

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、人や動物などの身体組織に含まれます。特に多く含まれるのは、皮膚やへその緒です。